バイク売却方法の違い

バイクを売却する方法の違い

☆買取専門業者を利用する

バイクの状態にもよりますが、単に廃車にするのと違ってお金が得られるメリットがあります。
専門業者による買取りの良いところは、
見積もり査定→値段の決定→支払いまでの流れが明確
になっていることです。
また、書類手続きも確実に行ってくれます。

大手のバイク買取り専門業者の利点
・全国展開していることが多く、サービス体制が整っていている。
・出張買取りや見積もりに来てもらえるので、保険が切れて乗れないバイクも売却しやすい。

注意点としては、業者によりますが、買取を強くすすめられることがあります。その場合、金額に納得しなければ売らなくてもいいので、はっきりと断りましょう。


☆バイクの販売店による買取りを利用する
バイク売却のもうひとつの方法として、バイクの販売店による買取りがあります。
・自分でバイクを店に持ち込む
・販売店の出張買取り

の2通りの方法があります。

これも専門業者の買取りと同じで買取り金額がつき、オーナーへの支払いが発生する可能性があります。
バイクの販売店による買取りも、書類手続きなどを確実に行ってくれます。
販売店による買取りは、買取りのみをやっているわけではないので、一括見積もりなどの電話連絡が遅い場合もあります。また、出張買取りをやっていない店舗もあります。
必ずしも大手が良いというわけではなく、各店舗で得意なメーカーや車種があるので、販売店の買取りと比べることでより高い価格で売却できる可能性があります。


☆個人売買でバイクを売却する

・友人同士での売買
・インターネットのオークション

これらの方法で、個人間でバイクを売却する方法があります。

値段の基準がないので、売却価格にバラつきが出ますが、珍しいバイクやカスタマイズされていると高値がつく可能性があります。この方法の場合、車両の受け渡しから書類手続きまで、すべて個人で行う必要があるため、手間がかかります。
また、名義や登録など書類の手続きを正確に行わないとトラブルの原因になります。お互いしっかりと手続きを進めていく必要があり、お金の支払いや車両の状態の判断など、注意することが多いので作業が増えます。

レンタルサーバーを比較